トリアはめんどくさい?実際ズボラ主婦が使ってみた感想脱毛本音レビュー

トリアレーザー脱毛器 その他

トリアレーザー4Xは唯一のレーザー脱毛器です。

しかし、照射口がケノンや脱毛ラボなど人気の光脱毛器より小さいので面倒なのでは?と思いますよね。

 

しかし光脱毛器よりパワーが強く、脱毛効果も高いので早く脱毛が終わり、面倒ではありませんでした!

操作もボタン1つで簡単スタートできます。

 

トリアが面倒くさいのか、そうでないのか、使ってみたので感想をお伝えします。

>>効果を実感できるレーザー脱毛器【トリア】 公式サイトで詳しく見る

期間限定6000円オフ!

 

トリアめんどくさいの?

結論からおつたえすると、トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xはほかの脱毛器に比べて面倒ではありません。

その理由は以下の通りです。

 

ボタンは1個だけ。充電後ボタンを押すだけで脱毛開始

サングラス不要

カートリッジ交換不要

光脱毛に比べパワーが強いので短期間でツルスベに(平均3か月)*個人差あり

トータルお手入れ回数が光脱毛より少なくてすむ!

永久脱毛できるのはレーザーだけ

 

光脱毛器はサングラスをかける必要がありますが、トリアは不要です。

 

寝ている間に充電しておけば翌日すぐに、1個しかないボタンを数回押すだけではじめられるんです!

 

次にどれだけ面倒ではないのか、実際トリアを使用中の筆者が詳しくおつたえしていきます。

 

トリアレーザー4Xのボタンは1個だけ

トリア本体は本当にシンプル。

本体上の部分に液晶画面がついています。画像下の黄緑色の丸い部分がボタンです。

ボタン1個ですべての操作ができます。

 

トリアレーザー脱毛器4X使い方

トリア,めんどくさい

トリアの使い方はとても簡単です。

 

ボタン1回 → 電源オン

ボタン2回 → レベル調整(1回押すごとにレベルが上がり、5までいくと1に戻るを繰りかえす)

ボタン長押し → 電源オフ

 

これだけなんです!

 

あまりのシンプルさにびっくりしました。

説明書を読みこまないと危なそうだし初めてだし…といろいろ不安に思っていたのに拍子抜けしましたよ。

 

 

画面右の「0」の部分に照射した回数が出ます。部位あたりの平均照射数がトリアの説明書にかいてあるので目安になります。

 

電池残量も表示されるので、わかりやすいです。

 

トリア施術のやり方

電源を入れ、レベルを合わせたら肌にあてるだけです。

ボタンを押す必要もなく、ただ照射口を脱毛したい部分にあてるだけ。

 

正しく照射できると「ピッ プッ」となります。音が鳴ったら位置をずらします。

正しく照射できていないと「ピッ ブー」と音がします。

 

操作も本体もとてもシンプルで簡単です。

面倒な脱毛も、苦にならずにスタートできました。

 

トリアはサングラス不要

光脱毛器のようにサングラスをかける必要がないんです。

トリア脱毛器1つだけですぐスタートできるんですよ。

 

色々準備しないと脱毛できないとしたら、面倒でやらなくなってしまいそうな私にぴったりです。

 

充電式でコードレス

光脱毛器はコードにつないだまま照射するものが多いですね。

 

トリアは充電式です。

 

コードにつながなくていいので、細かい部分や照射しにくい部分もストレスなく照射できましたよ。

 

医療脱毛に行くより面倒ではない

医療脱毛高くないですか…?全身40万円超えもありますよね。

さらに始めたはいいけれど、次回の予約が半年後という口コミもありました。予約が取りづらいことが多いようです。

 

次が半年後っていつ全身完了するんでしょうか…解約するにも違約金があったり本当に面倒です。

さらに脱毛してもらうのって恥ずかしいんですよね。

 

私は敏感肌なので、そもそも敏感肌が脱毛サロンや医療脱毛ができるのかとか、できたとしても迷惑をかけてしまわないかとか、色々気を遣うんです。

 

トリアなら自宅で自分の好きな時間にすぐ脱毛ができるし、効果も高いので私はトリア一択でした。

 

>>効果を実感できるレーザー脱毛器トリア 公式サイトで詳しく見る

 

トリアはカートリッジや追加購入不要

トリアはこれだけ!

トリア脱毛器 効果

光脱毛器は、広い面に照射できる幅広カートリッジとか、パワーが強いカートリッジとか色々種類がある商品もあります。

これがすごくわかりにくいんです…

 

ある脱毛器ののサイトを何度もチェックしましたが、結局どれを買ったらよいのかわからなくてやめてしまったことがあります。

何度もサイトを見てよくわからなくて後回しになり、ほかの脱毛器も調べているうちにトリアのほうがパワーが高く、レーザーのほうが早く脱毛効果が実感できるとわかりました。

 

トリアならカートリッジやオプション品を買いなおしたりする手間が不要。

トリア1台購入すれば、そのあと追加費用がかからないんです。

 

トリア本体1台+充電アダプターのみというシンプルな脱毛器は、面倒くさがりの私にピッタリです。

 

トリアはショット数制限なし

トリア脱毛器は光(フラッシュ)と違って、1台で何ショットまでという制限がありません。

充電バッテリーが消耗しきるまで使えます。

  

公式サイトから購入すれば

2年間の長期保証

  +

30日間返金保証

 

という手厚いサポートが付きます。返金保証付きの脱毛器は珍しいのでは。

実際返金する人はほとんどいないそうです。痛すぎるという理由でも返金対象になりますよ!

 

 

気づいた時にさっと脱毛

テレビを見ているときに、あ、こんなところにムダ毛が…なんて時もトリア本体を取り出し、ボタンを押すだけですぐ照射できるんです!

(ムダ毛を剃ってから使います)

 

脱毛自体が面倒な作業なんですよね。だから気が向いたときにすぐ始められるのはとても助かります。

 

好きな時にすぐできるのはかなりメリットですね。

 

トリアは照射口が小さいが短期間で完了!

トリアレーザー脱毛器は、照射口が直径1㎝の円形です。

とても小さいんですね。

ですので、全身に照射しようとするとかなり時間がかかります。

 

特に光脱毛器を使ったことがある方は「小さっ!」って思うのではないでしょうか。

 

しかし光脱毛器は1度に照射する面積が広くても、脱毛完了レベルになるまでに何度も照射しなければなりません。

レーザーに比べ、光はパワーが弱く、毛根まで届かないのでツルスベになるまでに時間がかかります。

 

光脱毛器や、脱毛サロンはすぐに毛がはえてきてしまい、いつまでたっても脱毛が終わらないという口コミもあります。

 

時間とお金を無駄にしてしまいます。

 

レーザー脱毛のトリアなら1回あたりの照射面積が狭くても、トータルでかかる時間はパワーが強いトリアのほうが短くて済みます。

 

 

トリアvs光脱毛器パワー比較

先ほどからトリアレーザー脱毛器はパワーが強いとしつこいですが(笑)

具体的にどれだけ強いの?と思いますよね。

 

パワー(ジュール数)を比較すると以下の通りになります。主な人気商品と比べました。

脱毛器名ジュール/㎠
トリア4X22
ケノン非公開
脱毛ラボ2.9
ブラウン6.0

家庭用レーザー脱毛器はトリアだけです。トリア以外は光(フラッシュ)脱毛器になります。

比較してみても、トリアのパワーが高いことがわかりますよね。

 

ケノンが非公開なので比較できませんが…。 

 

個人差はありますが、一般的に光よりレーザー脱毛器のほうが効果が高いと言われいます。

脱毛サロンより医療脱毛(レーザー)のほうが脱毛効果が高いです。しかし値段も高くなります。

 

医療用レーザーを応用して作られたのがトリアレーザー4Xです。だからパワーが違います。

 

トリア4Xは唯一の家庭用レーザー脱毛器なんですね。

通常医師しか扱えないレーザーを家庭用に応用して作られました。

 

米国FDA(日本でいう厚生労働省のようなもの)の認可もおりています。

 

めんどくさいのが苦手な方は、トリアでサクッと脱毛完了してしまうのがおすすめ。

大体3か月くらいで毛が気にならなくなる方が多いそうです。

 

期間限定6000円オフセール中

>>効果を実感できるレーザー脱毛器トリア 公式サイトで詳しく見る

 

トリアデメリット

トリアはめんどくさがり屋の私でも継続できるおすすめ脱毛器です。

しかしデメリットもあります。

それは光脱毛器にくらべ痛みがあること。

 

痛みの感じ方は人それぞれです。

トリアレーザー脱毛器はレベル1~5までえらべるので、レベルと部位の組み合わせによって痛みが違います。

 

例えばレベル5で男性が毛の太いヒゲ脱毛をすると、太いゴムでバチン!とはじかれたようなかなりの痛みを感じるそうです。

 

私の場合は、

膝下…レベル5でチクッとする程度

脇…レベル2でチクッとする(レベル5はまだやっていません)

Vライン…レベル1でも痛い

 

こんな感じです。

毛が太く、多い部位ほど痛みを感じやすいです。

 

しかしレベル1ならVライン以外痛みを感じませんでした。

 

人によってはレベル1でも痛いとか、赤味がでるとか本当にそれぞれなんですね。

こればかりは使ってみないとわかりません。

 

トリアはどれくらい痛い?痛み一覧表にしてみました&体験談はこちらでご紹介。

 

トリア脱毛器 痛みの対処法

もしトリアの照射で痛みを感じる場合は、以下のようなことをやってみてくださいね。

 

保冷剤または氷で冷やす

麻酔クリームを塗る

 

脇はレベル2で若干痛みがありましたが、保冷剤で冷やしてから照射すると痛みがありませんでした。

脚は保冷剤なしでも大丈夫でしたね。

 

麻酔クリームは、主に男性の太くて濃くて密集しているヒゲ脱毛に使う方がいらっしゃいます。

 

私は麻酔クリームなしで今のところ大丈夫ですし、女性の脚や腕は麻酔クリームは必要ないと思います。

 

レベル1なら痛みを感じない人が多いです。

低いレベルではじめて、毛が少なく、薄くなってきたら痛みを感じにくくなります。徐々にレベルを上げていくのが上手な使い方になります。

 

トリアレーザー脱毛器は返金保証あり

トリアを使ってみてあまりにも痛すぎて使えない方は、公式サイトの返金保証でお金を返してもらえますよ。

実際返品する人はほとんどいないそうです…。

 

痛みは持続せず、レーザーをあてた瞬間だけでしたよ。

 

返金保証については公式サイトで詳しくご覧いただけます。

>>レーザー脱毛器トリア 公式サイトで詳しく見る

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xおすすめしない人

以下のような方にはトリアをおすすめしません。

 

  • I,Oラインの脱毛をしたい人
  • 顔の鼻から上の部分の脱毛をしたい人
  • 極端に痛みに弱い人
  • 18歳未満の方

 

このような方はトリア以外の脱毛器を選んでくださいね。

 

I,Oに関しては個人のブログや口コミで脱毛している方もいらっしゃいますが、自己責任になります。

 

I,Oの脱毛を自宅でしたい方や中学生、高校生、子供の脱毛は「ケノン」がおすすめですよ。

または医療脱毛に通われるのがいいと思います。

 

ケノンは連射機能+冷却機能があります。

肌の上を滑らせるだけなので簡単です。トリアは痛みを感じる部分は保冷剤で冷やしながら打つ必要がありますが、ケノンは保冷剤が不要です。

 

 

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xおすすめな人

  • 脱毛サロンや医療脱毛に通うのがめんどくさい
  • 安く・早く脱毛したい
  • 痛みに極端に弱いわけではない
  • 光脱毛器(ケノンなど)や脱毛サロンで効果がなかった
  • 脱毛サロンに通ったが、また少し生えてきた毛の処理をしたい

 

このような方におすすめです。

 

毛根に届くのはレーザーだけ。永久脱毛を家庭でするならトリア一択です。

 

私も使っていますが、1回使用しただけで2週間後に毛がするっと抜けました。

お手入れ3回、1か月後には8割以上の方が脱毛効果を実感できたという結果もありますよ。

 

トリアはめんどくさい?まとめ

トリア,めんどくさい

トリアはめんどくさいのか知りたい方向けに、面倒ではないことをお伝えしました。

(脱毛自体が面倒という話は置いておいて‥)

 

私は医療脱毛やサロンに通うほうがめんどうなので、家庭用脱毛器1択でしたが、その中でも早く効果を実感できるトリアレーザー脱毛器4Xを選びました。

 

医療脱毛は全身30万円ほどかかるのに、トリアなら48000円なのでコスパがとても良いです。

さらに痛すぎて無理だったり、効果がないなら返金してもらえます。

 

光(フラッシュ)脱毛器は何度施術してもまた生えてきてキリがないという話も聞きます。

初めからトリアを買えばよかったという口コミもあります。

 

光脱毛器よりパワーが高いので痛みを感じる方もいますが、早くつるすべになることができますよ。

 

追加でお金がかからないのも私にぴったりでした。

 

 \2年保証は公式サイトだけ!/

6000円オフキャンペーン中!返金保証+選べるプレゼント付き♪

 

その他
らくとーく
タイトルとURLをコピーしました