ディセンシアとオルビス ユードット6項目で違いを徹底比較!どっちがおすすめ?

アフィリエイト広告を利用しています
※アフィリエイト広告を利用しています
疑問なぜ女性 おすすめコスメ
スポンサーリンク

ディセンシアとオルビス ユードット、どちらもポーラグループのブランドですが、それぞれの違いは何でしょうか?


同じグループのブランドということもあり、購入に迷う方も多いはずです。この記事では、それぞれのおすすめポイントを比較しながら実際使ってみた筆者が解説します。


最後に口コミも紹介しますので購入前の参考にしていただけますと幸いです。

結論から紹介すると…

ディセンシアが向いている方

  • 敏感肌で低刺激のエイジングケア・スキンケアアイテムを求める方
  • 肌のゆらぎ、乾燥、赤味、肌荒れが気になる方
    ディセンシアがおすすめ

オルビス ユードットが向いている方

  • コストパフォーマンスを重視し、本格エイジングケアをしたい方
  • くすみ、シミが気になる方

 →オルビスユードットがおすすめ


それぞれのブランドには異なる強みがあります。自分に合った商品を見つけてスキンケアに取り入れてみましょう。

それぞれの特徴を6項目で比較しながら、違いについて解説していきます。






ディセンシアとオルビス ユードット6つの特徴から違いを比較!

 

比較したのは以下の6項目です。

  1. 価格
  2. 特徴
  3. 成分
  4. 使用感
  5. 香り
  6. 使い勝手

ディセンシアとオルビス ユードットを、以上の6つの項目から違いを比較調査しました。

まずは価格を比較していきましょう。


ディセンシア オルビス ユードット価格を比較

まずは価格を比較してみます。オルビスユードットの方が低価格でコスパがよいといえます。



アイテムディセンシアオルビス ユードット
洗顔3,300円/100g2,310円/120g
化粧水5,720円/125ml3,630円(本体)、3,410円(詰替)/180ml
クリーム6,380円/30g3,960円(本体)、3630円(詰替)/50g
美容液7,150円/36ml4,950円(本体)/30g
お試し
セット価格
1,980円980円

ディセンシアの方が全体的に高いので、コスパ重視の方はオルビスユードットがおすすめです。



ディセンシアの方が値段が高め

ディセンシアはオルビスユードットに比べると全体的に高価格です。

トライアルセットがお得で気軽に試すことができます。

容量も市販の製品に比べると少なめなので、特にコスパが良いとは言えません。

ただし、トライアルセットは1,980円でお試しできるので、初めての方はぜひチェックしてみてください。


オルビスユードットの方が値段が安め

オルビス ユードットはコスパが良く、高機能な商品が揃っています。定期初回価格が割引になるキャンペーンも魅力です。


「値段の割に質や成分がよい」「デパコス級かも?」という口コミもあるくらいです。


オルビスユー ドットお試しセットは980円と手ごろな値段で、気軽にお試しできます。プレゼントもついてきて大変お得ですよ。


コスパ(値段の安さ)で選ぶならオルビスユードット



ディセンシア オルビス ユードット特徴・効果で比較

特徴ディセンシアローションオルビス ユードットローション
主な特徴敏感肌のための角層ケア高コスパ本格エイジングケア
年齢層30代〜50代30代後半、40~50代
メインの成分クチナシ果実エキス、ダマスクローズ花エキス、トータルレジリエンスカクテル有効成分
トラネキサム酸(医薬部外品)
特徴特許技術ヴァイタサイクルヴェール
角層の理想的な状態をサポート
GLルートブースターで
多角的にエイジングケア
効果うるおって透明感に満ちた、しなやかな肌へ導く
肌のダメージを受けにくくする
透明感・ハリツヤアップ・高保湿・美白*ケア
推奨ユーザー敏感肌×エイジングケア*コスパ・効果×本格エイジングケア*


ディセンシアは敏感肌に特化しており肌にとても優しく、角層ケアとエイジングケアに強みがあります。

「ディセンシア」は敏感肌向けに低刺激処方されています。

  • 合成香料不使用 無着色 アルコール不使用 アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起こらないわけではありません)
  • 敏感肌の協力による連用テスト済み(全ての肌に合うわけではありません)


ディセンシアは開発者の家族がアトピーだったことがきっかけで作られ、バリア機能が低下している肌をケアします。

オルビス ユードットは、POLAの技術を活かした高品質な成分を使用し、本格的にエイジングケアをしたいに最適です。

化粧水、クリームは有効成分トラネキサム酸を配合した医薬部外品です。


特にくすみやしわなどが気になってくる30代後半~40、50代の方から好評です。

透明感、ツヤ感等の効果が期待できる医薬部外品です。美白ケアしたい方にもおすすめです。



肌が弱い方のエイジングケアにイチオシはディセンシア

多角的に本格エイジングケアをしたい方は洗顔、ローション、クリームが医薬部外品のオルビスユードット


ディセンシア オルビス ユードット成分で比較

ディセンシアローションオルビスユードットエッセンスローション
【医薬部外品】
水、BG、グリセリン、ジグリセリン、セラミドNG、ダマスクバラ花エキス、コウキエキス、ルイボスエキス、クチナシエキス、アルギン酸硫酸Na、ニオイテンジクアオイ水、ローズマリー葉エキス、ローズ水、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、PEG-8、PPG-24グリセレス-24、PEG-32、PEG-6、ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン、エチルヘキシルグリセリン、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、フェノキシエタノール【有効成分】トラネキサム酸
【その他の成分】水、濃グリセリン、イソプレングリコール、BG、ソルビット液、ロニセラカエルレア果汁、ノバラエキス、メマツヨイグサ抽出液、スイカズラエキス、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ステアリル共重合体、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)デカグリセリル液、グリセリンエチルヘキシルエーテル、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、ジグリセリン、PEG(120)、アルギン酸Na、キサンタンガム、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール
アルコール
合成香料不使用
無着色
無油分
無着色
無香料
アレルギーテスト済み*
敏感肌の方の協力による連用テスト済み
アレルギーテスト済み*

*すべての方にアレルギーが起きないわけではありません。

ディセンシアローションの方がより敏感肌に特化した成分になっています。肌が弱い方も使いやすくなっています。

 

オルビスユードットは有効成分トラネキサム酸を配合した医薬部外品です。

透明感やハリなど、エイジングケア効果を目的とする方におすすめです。



本格的なエイジングケア効果を期待するならオルビスユードットがおすすめ

 

 

ディセンシア オルビス ユードット使用感を比較

使用感ディセンシアオルビス ユードット
化粧水コクがあり軽いとろみ
べたつかない
とろみあり
べたつかない
クリームトロリとした
柔らかいクリーム
バームのようで固め
肌につけるとジュワッととろける
べたつかない


化粧水のテクスチャーを比較すると、

ディセンシアは若干とろみがあるテクスチャー。もっちり感が特徴。

オルビス ユードットはとろみがあります。しっとりとした使用感。

化粧水なのに美容液のように濃密で、美肌をサポートする成分がぎゅっと詰まった印象です。


どちらも肌なじみがよくべたべたしないので、とても使いやすいと好評です。

 

クリームのテクスチャーはかなり違いがあります。

ディセンシアは肌なじみのよい柔らかいクリーム
オルビスユードットは固めのバームのようなテクスチャー。肌なじみはよくジュワッととろける感じ

トロっとしたクリーム状が好みならディセンシア。

バームのような固めのテクスチャーが好みならオルビスユードットです。

 

これは好みによって選択してみてくださいね。




ディセンシア オルビス ユードット香りを比較


オルビス ユードットは無香料で、どんな方にも使いやすいのが特徴です。
ディセンシアはダマスクバラ花エキスを配合。ほんのりと自然な香りがします。合成香料は不使用です。



香りがない無香料が良い方はオルビスユードットがおすすめ




ディセンシア オルビス ユードット使い勝手を比較

ディセンシアオルビス ユードット
お手入れの手順洗顔

ローション

美容液

クリーム
洗顔

ローション

クリーム

オルビスユードットは、とろみのある美容液のようなローションとクリームの2ステップで完了。忙しい方は時短できるオルビスユードットがおすすめです。

オルビスユードットにも美容液がありますが、ローションとクリームだけでもしっかりうるおい効果を期待できます。



簡単に、時短ケアしたい方はオルビスユードットです。



次に、ディセンシアとオルビスユードットの口コミや評判を紹介します。

ディセンシア口コミ

ディセンシアローションのサンプルを試してみて、じわっと肌に広がるなじみの良さに感激!

定期で届くのを楽しみにしていました。

乾燥敏感肌の私ですが、

肌にしっとりとなじむので、メイク前にも使っています。化粧直しはあまりしません。朝晩のローションのおかげでお手入れが心地よく、思い切り笑う事が出来ます

4点セットお試しを購入しました。たった一回で良さを感じました。やわらかな使い心地で、このローションの肌なじみがとても好きです、かなりの乾燥肌なのであまりさっぱりするのは不安になるのですが、これは本当に丁度いい。4点全て素晴らしいです。これを使用してから他の化粧品は試さなくなりました。

敏感肌用のローションも、しっくりこない私の肌ですが…

唯一気に入ったのが、このローション

手放せません。

引用:ディセンシア公式



オルビスユードット口コミ

洗顔だけして、何もつけていない私の肌に、スーッと馴染んで、モチモチの肌に生まれ変わりました。ずーっと、愛用します。

他メーカーのお値段高めの化粧水を使っていましたが、合わなくなってきた気がしたのでORBISに思い切って切り替えました。
しっとり、もちもちした使用感でとっても気に入っています。この使用感でこの価格はお値打ちです。

肌のトーンが明るくなりシミもほんのり目立たなくなってきました。
ユードットシリーズは効果が出るので以前のようにちゃんとケアしていきたいと思います。

引用:オルビス公式

オルビスユードットは、30代後半から50代まで、様々な年齢肌のお悩みをなんとかしたい、本格エイジングケアを求める方から大変好評でした。


ディセンシア オルビス ユードットお試しセットを比較

まだどちらにするか決めかねるという方は、両方試してみるのもおすすめです。

どちらも手頃な値段でお試しできるセットが用意されています。

定期便ではないので、1回届くだけです。気軽にお試しいただけますよ。


 

ディセンシアお試しセット

シワに悩む方にはトライアルセットO/L 、美白や透明感を欲する方にはトライアルセットF/L。2種類から選ぶことができます。



内容は以下の通りです。


ディセンシアお試しセットFL口コミ評判悪い口コミ
ディセンシアトライアルセットO/L NディセンシアトライアルセットF/L
内容ディセンシア ローション(20mL)
<医薬部外品>ディセンシア リンクルO/L コンセントレート(8mL)
ディセンシア モイスト
S/C コンセントレート(4包)
ディセンシア クリーム(8g)
ディセンシア デイ エッセンス(5g)SPF25・PA+++
ディセンシア ローション(20mL)
<医薬部外品>ディセンシアホワイトF/L
コンセントレート(8mL)
ディセンシア クリーム(8g)
ディセンシア デイ エッセンス(5g)
SPF25・PA+++
値段1,980円1,980円
送料無料無料
返金交換保証開封・使用後も可開封・使用後も可
約10日分約10日分
効果シワ改善美白ケア
販売店公式サイトから購入する公式サイトから購入する

1人1回限りです。

定期便ではありません。


どちらにするか迷う方は、LINEで肌診断ができます。

ディセンシア公式で肌レベル診断をやってみる



オルビスユードットお試しセット

オルビスユードット人気商品をライン使いできるセットが980円と、大変お得になっています。高島屋監修のヘアバンドやシワ改善美容液、サンプルまでついて1000円以下。

30日以内の返金も可能です。送料無料、定期便ではないので気軽にお試しいただけます。

 内容洗顔
ローション
クリーム
シワ改善美白*美容液7日分
クレンジング2包(オフクリーム)
オリジナルヘアバンド(高島屋監修)
値段980円
送料無料
返金交換30日以内なら使用後も可
効果最高峰*エイジングケア×しみ・くすみ*の徹底ケア
有効成分トラネキサム酸
グリチルリチン酸2K
販売店公式サイトから購入する




ディセンシアとオルビス ユードット違いを徹底比較!どっちがおすすめ?まとめ

ディセンシアは敏感肌に優しく、エイジングケアも期待できるブランド。

肌へのやさしさ最重視ならディセンシアです。



オルビス ユードットも肌に優しい成分ですが、ディセンシアよりも価格が安いためコスパ重視で、30代後半以降の本格的なエイジングケアにぴったりです。

有効成分を配合した医薬部外品で、30代後半以降、特に40代、50代の様々な年齢肌悩みに効果を期待するならオルビスユードットがおすすめです。

ご自身の肌の状態や予算に合わせて、最適なスキンケア商品を選んでみてくださいね。



タイトルとURLをコピーしました